六位一体による地域保健医療の均てん化
~救えるはずの命を救うために~

乃木坂スクール in 赤坂「地域医療ビッグデータ入門」(Big Data)

乃木坂スクールin赤坂「地域医療ビッグデータ入門2019~オープンデータで医療を“見える化”しよう~

乃木坂スクールin赤坂「地域医療ビッグデータ入門~オープンデータで医療を『見える化』しよう~」の受付を開始しました。
https://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/nogizaka/guidance/2019_s/14.html

下記に講師スライドや参考リンク集を掲載してまいります。

また、関連サイトとして下記があります。
○均てん化のための可視化サイト(目次)
https://www.hanioka.org/cont5/37.html
○均てん化のための可視化サイト
https://public.tableau.com/profile/ken.hanioka#!/

乃木坂スクール in 赤坂「地域医療ビッグデータ入門(2019)~オープンデータで医療を“見える化”

□11月15日 第8回
産業医科大学 公衆衛生学教室 准教授 村松 圭司さん
「オープンデータを使った考察」
https://media.toriaez.jp/r1035/239.pdf

□11月8日 第7回
株式会社Medysis代表 柴田 修一さん
「ナショナルデータベース(NDB-SCR)の読み解き方」
https://media.toriaez.jp/r1035/517.pdf

□10月25日 第6回
国際医療福祉大学大学院教授 石川 ベンジャミン 光一さん
「DPCオープンデータ(と病床機能報告)で病院を分析」
https://media.toriaez.jp/r1035/353.pdf

□10月18日 第5回
株式会社ウェルネス
戦略企画本部 渡部 鉄兵さん
「オープンデータから横断データ集を作って活用」
https://media.toriaez.jp/r1035/512.pdf

□10月10日 第4回
国際医療福祉大学大学院教授 埴岡 健一
「可視化ツールで見える化」
https://media.toriaez.jp/r1035/194.pdf

□10月4日 第3回
厚生労働省政策企画官 笹子宗一郎さん
「厚生労働省が進めるデータヘルス改革」
https://media.toriaez.jp/r1035/361.pdf

□9月27日 第2回
国際医療福祉大学大学院教授 埴岡 健一
「医療オープンデータを見つける」
https://media.toriaez.jp/r1035/376.pdf
「私が選んだ2枚のグラフ」
https://media.toriaez.jp/r1035/076.pdf

□9月20日 第1回
国際医療福祉大学大学院教授 埴岡 健一
「オリエンテーション」
https://media.toriaez.jp/r1035/250.pdf

乃木坂スクールin赤坂「地域医療ビッグデータ入門(2019)」リンク集

*コーディネーターが参考リンクを選びました。

■9月20日 第1回
オリエンテーション
埴岡 健一
○前回、前々回シリーズ講師スライド集
https://www.hanioka.org/cont10/main.html

■9月27日 第2回
医療オープンデータを見つける
埴岡 健一
〇医療オープンデータリンク集
https://www.hanioka.org/cont6/main.html

■10月4日 第3回
厚生労働省のオープンデータ戦略
厚生労働省政策統括官付情報化担当参事官室政策企画官 笹子 宗一郎さん
○平成29年度病床機能報告公表データ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/open_data_00002.html
○平成28年度病床機能報告公表データ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/open_data.html
○在宅医療にかかる地域別データ集
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000061944.html

■10月10日(木)第4回
BI(可視化)ツールで見える化する方法
埴岡 健一
○均てん化のための可視化サイト(目次)
https://www.hanioka.org/cont5/37.html
○均てん化のための可視化サイト
https://public.tableau.com/profile/ken.hanioka#!/
○「見える化」グラフ集 目次
https://cpsum.org/ccm/ccm_graph
○がん対策地域別データ集 「見える化」グラフ集 https://public.tableau.com/profile/cancer.policy.summit#!/

■10月18日 第5回
オープンデータから横断データ集を作って活用
株式会社ウェルネス戦略企画本部 渡部 鉄兵さん
○二次医療圏データベース
https://www.wellness.co.jp/siteoperation/msd/
○医療圏データベース(全国地域別・病床機能情報等データベース)
http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/HPU/data/
○がん対策地域別データ集
https://cpsum.org/ccm/ccm_base

■10月25日 第6回
DPCオープンデータで病院を分析
国際医療福祉大学大学院教授 石川 ベンジャミン 光一さん
○厚労省DPC調査(H28/2016) Tableau Public (Koichi B. Ishikawa)
https://public.tableau.com/profile/kbishikawa#!/vizhome/DPCH282016/map
○DPC導入の影響評価に関する調査:集計結果
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049343.html
○機能評価係数Ⅱの内訳(医療機関別)平成31年4月1日時点
https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000519257.xlsx

■11月8日 第7回
ナショナルデータベース(NDB-SCR)の読み解き術
株式会社Medysis代表 柴田 修一さん
○NDBオープンデータ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000177182.html
○医療提供状況の地域差(ナショナルデータベース 標準化レセプト出現比=NDB-SCR)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/mieruka/tiikisa.html
○NDBデータ由来の医科診療行為別SCR
https://medysis.jp/ndboriginated-medicalinterventionscr-visualization
○NDBデータ由来の診療行為別標準化レセプト出現比【見える化ツール】
https://medysis.jp/ndbbased-standardizedclaimratio-visualization
〇新公表「NDB-SCR」データって何だ?自分の街の医療が丸見えに
http://www.patients-voice.jp/event170826.html

■11月15日 第8回
オープンデータを使った考察
産業医科大学 公衆衛生学教室准教授 村松 圭司さん
○産業医科大学公衆衛生学教室公開資料
https://sites.google.com/site/pmchuoeh/files

■11月22日 第9回
がん計画の評価指標の見える化
埴岡 健一
○「見える化」グラフ集 目次
https://cpsum.org/ccm/ccm_graph
○がん対策地域別データ集 「見える化」グラフ集
https://public.tableau.com/profile/cancer.policy.summit#!/
○がん対策地域別データ集「基本データ集」
https://cpsum.org/ccm/ccm_base

■12月6日 第11回
医療計画の評価指標の見える化
埴岡 健一
○均てん化のための可視化サイト(目次)
https://www.hanioka.org/cont5/37.html
○均てん化のための可視化サイト
https://public.tableau.com/profile/ken.hanioka#!/

■12月13日 第12回
エクセルで統計分析して政策評価
国際開発センター主任研究員 佐々木 亮さん
○2019年8月 第20回プロフェッショナル統計分析ワークショップ
https://www.idcj.jp/seminar/201908-20.html
○『エクセルで政策評価―すごくよくわかる実践的統計分析マニュアル』
http://www.taga-shuppan.co.jp/search/go_search.php

■1月11日(土) 第13、14回
〈参加者データコンペ発表会〉 (参加者一同)
〇医療政策実践コミュニティー(H-PAC)主催 第6回公開シンポジウム~
「医療圏データ分析・考察コンペ」
http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/HPU/seminar/2016-03-13/dbcomp.html
〇同・発表スライド
http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/HPU/seminar/2016-03-13/index.html

乃木坂スクール in 赤坂「地域医療ビッグデータ入門(2018)」

乃木坂スクール in 赤坂「地域医療ビッグデータ入門~課題の発見と解決に役立てる~」を開講中です(終了しました)。
http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/nogizaka/guidance/2018_s/11.html
下記に資料を掲載しております。

乃木坂スクール in 赤坂「地域医療ビッグデータ入門(2018)」講師スライド集

□1月18日 第15回
国際医療福祉大学大学院教授・埴岡健一&参加者のみなさま
「課題の発見と解決に役立てる(まとめ)」
https://media.toriaez.jp/r1035/0.pdf

□1月4日 第12回〔実践編〕
国際医療福祉大学大学院 教授 埴岡 健一
「がん対策分野のデータセットを活用する」
https://media.toriaez.jp/r1035/512339325262.pdf

□12月7日 第10回〔実践編〕
メディチュア代表 渡辺 優さん
「公開データで地域診断をしてみよう(ケース)」
https://media.toriaez.jp/r1035/623694881749.pdf

□12月7日 第9回〔スキル編〕
千葉大学医学部附属病院経営管理学研究センター特任講師 吉村 健佑さん
「NDBデータを医学研究と病院経営に活用しよう」

□11月30日 第8回〔スキル編〕
国立精神・神経医療研究センター トランスレーショナル・メディカルセンター
情報管理・解析部 生物統計研究室 室長 立森 久照さん
「政策評価のための、因果関係推論ことはじめ」
https://media.toriaez.jp/r1035/422767149078.pdf

□11月16日 第7回〔スキル編〕
大学病院医療情報ネットワーク研究センター 特任講師 岡田 昌史さん
「フリーソフトウェアの統計解析環境R」

□11月2日 第6回〔ビジョン編〕
国際医療福祉大学大学院教授 高橋 泰さん
「2次医療圏データを使いこなす」
https://media.toriaez.jp/r1035/380979406076.pdf
https://media.toriaez.jp/r1035/096977435304.pdf

□10月26日 第5回〔ビジョン編〕
厚生労働省医政局長 吉田学さん
「データによる医療の制御」
https://media.toriaez.jp/r1035/684077154651.pdf
https://media.toriaez.jp/r1035/564210593155.pdf

□10月19日 第4回〔スキル編〕
国際医療福祉大学大学院教授 石川ベンジャミン光一さん
「可視化ツールTableauで地域を見える化」
https://media.toriaez.jp/r1035/940905186267.pdf

□10月12日 第3回〔スキル編〕
国立病院機構本部 総合研究センター 診療情報分析部 主任研究員 今井 志乃ぶさん
「ExcelでできるDPCデータ活用術」
https://media.toriaez.jp/r1035/064897162851.pdf

□9月28日 第2回〔ビジョン編〕
国際医療福祉大学大学院教授 武藤 正樹さん
「医療データサイエンティストになるために」
□9月21日 第1回〔ビジョン編〕
国際医療福祉大学大学院教授 埴岡 健一
「オリエンテーション」
https://media.toriaez.jp/r1035/150416165572.pdf

乃木坂スクールin赤坂「地域医療ビッグデータ入門(2018)」リンク集

関連リンク集を作成しました。
(演者ご推奨によるものではなく、コーディネーターの埴岡が作成したものです)
予習や復習のご参考になさってください。

■第1回〔ビジョン編〕
オリエンテーション
国際医療福祉大学大学院教授 埴岡 健一
○「地域医療ビジョン/地域医療計画ガイドライン(2014年12月)」
○医療圏データベース(全国地域別・病床機能情報等データベース)
○がん対策地域別データ集
○ロジックモデルと評価指標データ
〇医療圏データベースを活用した地域医療政策の評価

■第2回〔ビジョン編〕
「医療データサイエンティストになるために」
国際医療福祉大学大学院教授 武藤 正樹さん
○武藤正樹のWebサイト
○「データヘルス・支払基金計画」
■第3回〔スキル編〕
「ExcelでできるDPCデータ活用術」
国立病院機構本部 総合研究センター 診療情報分析部 主任研究員 今井 志乃ぶさん
○DPC導入の影響評価に関する調査:集計結果
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049343.html
○平成29年度第1回 診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会
 【参考資料】H29年度機能評価係数II
○すべてExcelでできる!経営力・診療力を高めるDPCデータ活用術 増補改訂版
○国立病院機構東京医療センター 病院指標
○国立病院機構 診療機能分析レポート
https://www.hosp.go.jp/treatment/treatment_repo.html

■第4回〔スキル編〕
「可視化ツールTableauで地域を見える化」
国際医療福祉大学大学院教授 石川 ベンジャミン 光一さん
○石川先生のTableauサイト
○がん入院・外来化学療法ポートフォリオ

■第5回〔ビジョン編〕
「データによる医療の制御」
厚生労働省 医政局長 吉田 学さん
○社会保障制度改革国民会議 報告書
○平成28年度病床機能報告の報告結果について
○在宅医療にかかる地域別データ集

■第6回〔ビジョン編〕
「2次医療圏データを使いこなす」
国際医療福祉大学大学院教授 高橋 泰さん
○地域の医療提供体制の現状 - 都道府県別・二次医療圏別データ集 - (2017 年度版)
○二次医療圏データベース

■第7回〔スキル編〕
「無料統計ソフトRを使った分析入門」
大学病院医療情報ネットワーク研究センター 特任講師 岡田 昌史さん
○RjpWiki(Rに関する日本語のWiki
○Rオンラインガイド(山口大学)
○Rチュートリアル(冊子)(山口大学)

■第8回〔スキル編〕
「政策評価のための、因果関係推論ことはじめ」
国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神保健計画研究部 室長 立森 久照さん
○岩波データサイエンス Vol.3
○精神保健福祉資料

■第9回〔スキル編〕
「NDB(SCR)データを活用しよう」
千葉大学医学部附属病院経営管理学研究センター 特任講師 吉村 健佑さん
○第3回NDBオープンデータ
○地域別NDB-SCR(標準化レセプト出現比)(医療提供状況の地域差)
○NDBデータ由来の診療行為別標準化レセプト出現比【見える化ツール】
〇新公表「NDB-SCR」データって何だ?自分の街の医療が丸見えに

■第10回〔実践編〕
「公開データで地域診断をしてみよう(ケース)」
メディチュア代表  渡辺 優さん
○「データ分析で探るこれからの病院経営」

■第12回〔実践編〕
「がん対策分野のデータセットを活用する」
国際医療福祉大学大学院教授 埴岡 健一
〇がん対策地域別データ集
○都道府県がん対策推進計画「がん検診・早期発見分野」の読み比べ
○平成28年度調査研究 医療圏データベースを用いた地域医療施策の評価のための指標の開発に関する調査研究

■第13、14回〔実践編〕
〈参加者データコンペ発表会〉 (参加者一同)
〇医療政策実践コミュニティー(H-PAC)主催 第6回公開シンポジウム~
「医療圏データ分析・考察コンペ」
〇同・発表スライド

乃木坂スクール「地域医療ビッグデータ入門(2017)」講師スライド集

■12月15日 第11回
国立精神・神経医療研究センター 精神保健計画研究部長
山之内 芳雄さん
「ナショナルデータベースを基軸とした精神科の医療政策マネジメントの動向」
PDFファイルを表示

■12月8日 第10回
国立がん研究センター 全国がん登録室 室長
松田 智大さん
「がん登録データを地域のがん死亡率の改善に活用する」
PDFファイルを表示

■12月1日 第9回
東京医科歯科大学 大学院政策科学分野 教授
河原 和夫さん
「次期医療計画の評価指標とそれを具体化する行政の政策形成プロセス」
PDFファイルを表示

「(5疾病5事業の)政策体系」図
PDFファイルを表示

■11月24日 第8回
国立保健医療科学院生涯健康研究部部長
横山 徹爾さん
「医療を読み解くための、各種データセットの上手な活用法」
PDFファイルを表示

■11月17日 第7回
一般社団法人高知医療再生機構企画戦略広報室(元 高知県健康政策部医療政策課) 特任医師 伴 正海さん
大阪府済生会吹田病院 事務次長 松木 大作さん

地域別「標準化レセプト出現比」から見る医療の地域差

「NDB-SCR概論(松木さん)」
PDFファイルを表示

■11月3日 第6回
国際医療福祉大学大学院教授
埴岡健一
「可視化ソフト(BIツール)を使ってみよう」
PDFファイルを表示

■10月27日 第5回
国際医療福祉大学大学院教授
埴岡健一
「ロジックモデルと評価指標データ」
PDFファイルを表示

■10月20日 第4回
医療経済研究機構所長
西村周三さん
「医療の地域差の現状と解消に向けたシナリオ」
PDFファイルを表示

■10月13日 第3回
京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻健康情報学分野 教授
中山健夫さん
「医療ビッグデータ:今、これから」
PDFファイルを表示

■9月29日 第2回
厚生労働省医務技監 鈴木康裕さん
「保健・医療・介護を連携したビッグデータ活用」
(*4分割して掲載しています)
PDFファイルを表示
PDFファイルを表示
PDFファイルを表示
PDFファイルを表示

■9月22日 第1回
埴岡健一
オリエンテーション資料(抜粋)
PDFファイルを表示

乃木坂スクール「地域医療ビッグデータ入門(2017)」有志自主勉強会資料 ほぼ ハンズオンマニュアル

●344医療圏SMR編
医療圏データベース(全国地域別・病床機能情報等データベース)を使って疾病別に医療圏別の標準化死亡比(SMR)を抽出して表示する方法の例を示しました。
PDFファイルを表示

●47都道府県がん部位別死亡率編
PDFファイルを表示

●47都道府県がん部位別アウトカム指標セット編
PDFファイルを表示

乃木坂スクール「地域医療ビッグデータ入門(2017)」関連リンク集

○乃木坂スクール「地域医療ビッグデータ入門~自分の地域を改善しよう~」
http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/nogizaka/guidance/2017_s/19.html
に関連するリンク集を作成しました。
(演者ご推奨によるものではなく、コーディネーターの埴岡が作成したものです)
(随時、改訂いたします)
予習や復習(および受講のご検討)にお使いください。

【ビジョン編】
■第1回【A:ビジョン編①】オリエンテーション
「ビッグデータによる医療の均てん化」は可能か? 
国際医療福祉大学大学院教授 埴岡 健一

○実践ガイド 医療改革をどう実現すべきか
http://www.nikkeibook.com/book_detail/13380/
○保健医療2035
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/hokeniryou2035/
○協会けんぽ 保険者機能強化アクションプラン(3期)
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g7/cat730/ActionPlan-3
医療圏データベースを活用した地域医療政策の評価
http://www.hws-kyokai.or.jp/images/info/chiiki/shimpo-shiryo3.pdf

■第2回
【A:ビジョン編②】
健康・医療・介護がつながったビッグデータ活用を目指して 
厚生労働省 医務技監 鈴木 康裕さん

〇厚労省・鈴木医務技監 遠隔診療活用した生活習慣病の管理など18年度診療報酬改定の焦点に
https://mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/57922/Default.aspx
〇「国民の健康確保のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表」及び「支払基金業務効率化・高度化計画・工程表」について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170011.html
〇保健医療分野におけるICT活用推進懇談会 提言書
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000140201.html
〇患者の治療歴、全国の施設で共有 厚労省、20年度目標
http://www.asahi.com/articles/ASJBM62KYJBMUTFK01K.html
〇地方公共団体(社会保障分野)における社会保障・税番号制度の導入に向けた対応について
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000088816.pdf
〇マイナンバーの利用範囲の拡充等について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12401000-Hokenkyoku-Soumuka/0000077884.pdf
〇データヘルス時代の質の高い医療の実現に向けた有識者検討会 報告書
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000148301.html
〇諸外国の医療ビッグデータ(39p~)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12401000-Hokenkyoku-Soumuka/0000125318.pdf
〇「健康・医療戦略 達成すべき成果目標(KPI)のフォローアップ (平成28年度終了時点)」
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/suisin/suisin_dai19/siryou1_2.pdf
〇健康・医療戦略に基づく取組について
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/suisinkaigi/dai18/siryou5.pdf

■第3回【A:ビジョン編③】
地域医療ビッグデータがもたらす社会改革
京都大学 健康管理学講座健康情報学分野教授 中山 健夫さん

〇医療ビッグデータがもたらす社会変革
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P96280.html
〇「医療ビッグデータ時代」の幕開け
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03107_02
〇信頼と連携が育てる,日本の医療ビッグデータ
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03107_03
〇医療ビッグデータ・コンソーシアム 政策提言 2015
http://www.medical-bigdata.jp/pdf/teigen151214.pdf

■第4回
【B:総論編①】
医療の地域差の現状と、解消に向けたシナリオ
医療経済研究機構所長 西村 周三さん

〇データヘルス時代の質の高い医療の実現に向けた有識者検討会 報告書
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000148301.html
〇医療経済研究機構 年報
http://www.ihep.jp/business/annual/2017/07/13/IHEP_AR_2017.pdf
〇The Dartmouth Atlas of Health Care
http://www.dartmouthatlas.org/
〇Geographic Variations in Health Care
http://www.oecd-ilibrary.org/social-issues-migration-health/geographic-variations-in-health-care_9789264216594-en

■第5回
【B:総論編③】
ロジックモデルと評価指標データ
国際医療福祉大学大学院教授 埴岡 健一

○「地域医療ビジョン/地域医療計画ガイドライン(2014年12月)」
http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/HPU/seminar/2014-10-12/d/Guideline_Fall_rev.pdf
○第14回がん政策サミット2017春グループワーク作成版
http://cpsum.org/pdf/summit/14/14sum_logicmodel.pdf
○沖縄県がん対策推進計画(第2次) 分析報告書
http://www.okican.jp/UserFiles/File/kyougikai/siryou/conf2016/1kai/15.pdf
○ロジックモデル作成ガイド
http://www.nippon-foundation.or.jp/what/grant_application/programs/social_innovator/guide/2017_guide.pdf
○医療圏データベース(全国地域別・病床機能情報等データベース)
http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/HPU/data/
○がん対策地域別データ集
http://cpsum.org/ccm
○地域別NDB-SCR(標準化レセプト出現比)(医療提供状況の地域差)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/mieruka/
○二次医療圏データベース
http://www.wellness.co.jp/siteoperation/msd/

■第6回
【D:スキル編②】
「可視化ソフト(BIツール)」を使ってみよう

〇Tableau Public Koichi B. Ishikawa
https://public.tableau.com/profile/kbishikawa#!/
〇BIツール:Tableau(タブロー)入門 
http://dpcri.or.jp/index.php?plugin=attach&refer=SeminarPage%E2%80%8B%2F2014_08_21%E5%8C%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC&openfile=20140822%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E6%BC%94%E7%BF%92.pdf
〇医療ビッグデータの研究利用その現状と課題 
http://dl.med.or.jp/dl-med/jma/nichii/jmari_sympo/jmari26_k02.pdf
〇NDBデータ由来の診療行為別標準化レセプト出現比【見える化ツール】
https://medysis.jp/ndbbased-standardizedclaimratio-visualization

■第7回
【C:各論編①】
地域別「標準化レセプト出現比」から見る医療の地域差
一般社団法人高知医療再生機構企画戦略広報室(元 高知県健康政策部医療政策課) 
特任医師 伴 正海さん
大阪府済生会吹田病院
事務次長 松木 大作さん

〇「地域の中小病院が、 ビジョンを作り実現していく」 
http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/HPU/seminar/2016-03-13/documents/16symp_3-1.pdf
〇ただいま⼈気沸騰中!!高知県の地域医療構想
http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/HPU/seminar/2015-05-16/documents/17_52.pdf
〇新公表「NDB-SCR」データって何だ?自分の街の医療が丸見えに
http://www.patients-voice.jp/event170826.html
○地域別NDB-SCR(標準化レセプト出現比)(医療提供状況の地域差)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/mieruka/
○第2回NDBオープンデータ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000177221.html
○第1回NDBオープンデータ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000139390.html
○NDBデータ由来の診療行為別標準化レセプト出現比【見える化ツール】
https://medysis.jp/ndbbased-standardizedclaimratio-visualization

■第8回
【D:スキル編①】
医療を読み解くための、各種データセットの上手な活用法
国立保健医療科学院生涯健康研究部部長 横山 徹爾さん

〇地方自治体における生活習慣病関連の健康課題把握のための参考データ・ツール集
https://www.niph.go.jp/soshiki/07shougai/datakatsuyou/
〇自治体における生活習慣病対策推進のための健診・医療・介護等「データ活用マニュアル」(22MB)
https://www.niph.go.jp/soshiki/07shougai/datakatsuyou/data/data-manual.pdf
〇地域・職域診断に活用できる 情報・ツールと活用法 
http://www.pbhealth.med.tohoku.ac.jp/japan21/slide-pdf/27-slide-1.pdf
〇「健康日本21」最終評価
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001r5gc.html

■第9回
【B:総論編②】
次期医療計画の評価指標とそれを具体化する行政の政策形成プロセス 
東京医科歯科大学大学院政策科学分野教授 河原 和夫さん

〇厚生労働省医政局地域医療計画課長通知(別表)医療体制構築に係る現状把握のための指標例[490KB] 
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000159906.pdf
〇平成28年度厚生労働科学研究「病床機能の分化・連携や病床の効率的利用等のために必要となる実施可能な施策に関する研究」研究報告書
http://www.naramed-u.ac.jp/~hpm/res_document.html#byosho_shihyo

■第10回
【C:各論編②】
「がん登録データ」を地域のがん死亡率の改善に活用する
国立がん研究センターがん登録センター全国がん登録室
室長 松田 智大さん

〇がんで死ぬ県、死なない県  なぜ格差が生まれるのか 
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000885072017.html
〇全国がん罹患モニタリング集計 2012年罹患数・率報告(平成28年3月)(9MB)
http://ganjoho.jp/data/reg_stat/statistics/brochure/mcij2012_report.pdf
〇全国がん罹患モニタリング集計 2006−2008年生存率報告(平成28年3月)(PDF:9MB)
http://ganjoho.jp/data/reg_stat/statistics/brochure/mcij2006-2008_report.pdf
〇がん対策地域別データ集
http://cpsum.org/ccm

■第11回
【C:各論編③】
精神科医療を可視化する(リニューアルした医療圏別指標データセットを読む) 
国立精神・神経医療研究センター精神保健計画研究部部長 山之内 芳雄さん

〇「精神保健福祉資料」全国・都道府県の精神保健福祉資料
http://www.ncnp.go.jp/nimh/keikaku/data/
〇630調査の集計値
http://www.ncnp.go.jp/nimh/keikaku/data/630/
〇医療計画において定める数値目標(精神分野) 
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000159905.pdf
〇精神疾患の医療体制の構築に係る指針(48p~) 
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000159904.pdf

■第12回
【E:実践編①】
受講者「データ活用コンペ」中間発表会

〇医療政策実践コミュニティー(H-PAC)主催 第6回公開シンポジウム~
「医療圏データ分析・考察コンペ」
http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/HPU/seminar/2016-03-13/dbcomp.html
〇同・発表スライド
http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/HPU/seminar/2016-03-13/index.html

■第13回 あなたも使える統計
【D:スキル編③】
あなたも使える。「統計ソフト」イロハのイ

〇統計検定
http://www.toukei-kentei.jp/
〇文系がゼロから統計を勉強するときに最初の1年で読むべき本 
http://www.statsbeginner.net/entry/2014/09/27/194747
〇文系人間がゼロから統計検定2級を取るための最短ルート
http://liar.blog.jp/archives/4696909.html

ABOUT

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP