六位一体による地域保健医療の均てん化
~救えるはずの命を救うために~

主な著作(Writings)

主な著作など

著書、主な共著

1.    インターネットを使ってガンと闘おう.中央公論新社,1998.9.10

2.    埴岡健一/小寺 良尚.骨髄バンクの利用.pp.217-226,医学書院,2004.03.01

3.    鳥インフルエンザ ヒト感染型へのウイルス変異が怖い SARSよりはるかに強力.食品クライシス.日経BP社.pp.25-612004.03.08

4.    大きな施設間格差~どう全体を高めて「均てん化」するか.がん治療の実力病院.日本経済新聞社.pp.35-452005.04.20

5.    インターネットが、がんとの闘病を変える!.がんの時代を生き抜く10の戦術.三省堂.pp.33-552006.07

6.    4章 拡大するがん患者パワー.がん ! 患者会と相談窓口全ガイド.三省堂.pp.223-2462007.05.05

7.    P4Pは医療をどのように変えるか.P4Pのすべて.医療タイムス社pp.18-382007.12

8.    医療の質と情報.東京大学医療政策人材養成講座編 「医療政策」入門.医学書院.pp.181-2022009.04

9. 3.真実説明指針の実践:米国から日本への教訓~ハーバード大学病院への視察旅行から~.ハーバード大学医学部関連病院における真実説明と謝罪の取り組み~平成24年度海外医療事情・社会保険制度視察調査報告書~.(社)全国社会保険協会連合会,pp.6-302013.03.31

10.「患者・住民主体の医療-地域の医療を最適化するために」「医療の質と情報」「政策立案の実践プロセス-社会にインパクトを与える活動のつくり方」.医療政策集中講義~医療を動かす戦略と実践~.医学書院,2015.06

11.(分担執筆).「医療計画策定プロセスガイドライン」「PDCAサイクルと指標」.地域医療ビジョン/地域医療計画ガイドライン~地域の医療をみんなで動かす.地域医療計画実践コミュニティー.pp.67-103pp.138-1522014.12.10

12.(分担執筆).「ステップ3 データの分析と収集」「ステップ7 評価指標の作成」.地域医療ビジョン/地域医療計画ガイドライン 実践編.地域医療計画実践コミュニティー.pp.19-27pp.54-622015.8.29

翻訳

1.  チャールズ・ハンディ 著.埴岡 健一 訳.新しい資本主義社会のかたち もっといい会社 もっといい人生.河出書房新社,1998.11

 

発行・編集・分担執筆など

1. がん政策レター・センター長コラム.日本医療政策機構 市民医療協議会 がん政策情報センター,2009.10.06116号まで連載

2. 患者アドボカシーワークブック~患者さんが作る政策提言の手引き~.日本医療政策機構 市民医療協議会 がん政策情報センター,2010.12.08

3. 患者アドボカシーワークブック【ツールキット編】~がん対策 課題解決への7つ道具~.日本医療政策機構 市民医療協議会 がん政策情報センター,2011.07.17

4. がん対策白書2011~アドボカシーに使える情報集~.日本医療政策機構 市民医療協議会 がん政策情報センター,2011.12.21

5都道府県別がん対策カルテ2012.日本医療政策機構 市民医療協議会 がん政策情報センター,2012.07.31

6都道府県がん対策カルテ2013.日本医療政策機構 市民医療協議会 がん政策情報センター,2013.08.30

7.患者アドボカシーカレッジ.日本医療政策機構 市民医療協議会,2013.11.18開設

主な論考など

主な論考など (★=主要論文・論考)

1. 医療情報の収集と活用 医療消費者の立場から.病院.医学書院.第60巻第1号別刷.pp.35-392001.01

2. 東京大学医療政策人材養成講座 立場を超えた討議が“行動”への動機を生む.病院.医学書院.第64巻第12号.pp.1006-10112005.12

3. 日本版ペイ・フォー・パフォーマンスへの道-診療報酬体系の再構築を目指して-.週刊社会保障.株式会社法研.No.2382pp.54-572006.05

4. 「がん対策法」の制定いそげ.公明KOMEI.公明党機関紙委員会.5号.pp.45-512006.05

5. 世界にひろがる「医療事故:真実説明・謝罪運動.病院.医学書院.第66巻第6号別刷.pp.485-4892007.06

6. “メディア・ドクター実証実験”から見えてきたこと.医学のあゆみ.医歯薬出版株式会社.Vol.222 No.12pp.911-9162007.09.22

7. 医師のストレスと不健康度-アンケート調査から.医学のあゆみ別刷.Vol.227No.2pp.89-922008.01

8. 海外のがん対策から考える 日本のがん医療への提言.腫瘍内科.科学評論社.Vol.No.1pp.68-742008.02

9. 医療事故:真実説明・謝罪指針 第1回本当のことを話して(必要なときは)謝りたい- “当たり前のこと”ができるために-.看護実践の科学.看護の科学社.pp.72-752008.07

10. 「がん対策基本法」施行1年を検証する―都道府県の格差解消と創意工夫奨励がカギに.医療白書2008.日本医療企画.pp.114-1182008.10.25

11. 医師のストレスと不健康度-アンケート調査から-.医学のあゆみ.医歯薬出版株式会社.Vol.227 No.2pp.89-922008.10

12. 医療事故:真実説明・謝罪普及プロジェクト.医学のあゆみ.医歯薬出版株式会社.Vol.229 No.4pp.275-2782009.04.25

13. 秋田、埼玉、奈良は努力を 計画と予算で島根は突出.特集がんで死ぬ県、治る県.中央公論.pp.150-1572009.04

14. 医療事故:真実説明・謝罪指針 謝罪普及プロジェクト-医療事故問題対応の基盤としての.別冊 医学のあゆみ.地域医療崩壊と医療安全をめぐって.医療版リスクマネジメント争論.医歯薬出版株式会社.pp.137-1412009.05.01

15. 「がんプロフェッショナル養成プラン」の実態調査と満足度の解析.腫瘍内科。科学評論社.第4 2号別刷.pp.175-1822009.08

16. 埴岡 健一、沢口 絵美子 4月から、がん医療の価格が大きく変わる がんナビ 日経BP, 2010.03.30

17. 埴岡 健一、沢口 絵美子 医療の対価、患者にとっての医療費負担 がんナビ 日経BP, 2010.03.31

18. 埴岡 健一、山口 綾香 「こころ」「からだ」「経済的負担」――患者の抱える3つの痛み がんナビ 日経BP, 2010.04.27

19. 患者のニーズと政策をいかに結びつけるか.日本の医療を考える.経済セミナー201067月号.経済評論社,2010.05.27

20. 埴岡 健一、天野 慎介 全国に広がるがん条例制定の動き(上) がんナビ 日経BP, 2010.06.02

21. 埴岡 健一、天野 慎介 全国に広がるがん条例制定の動き(下) がんナビ 日経BP, 2010.06.03

22. 埴岡 健一、杉山 真理子 参院選、各党マニフェストのがん対策を見比べよう がんナビ 日経BP, 2010.06.23

23. 埴岡 健一、杉山 真理子 患者と国会議員が一緒にがん対策を考えた がんナビ 日経BP, 2010.07.13

24. がん対策5カ年計画を中間総括しよう ~より良い第2次計画に向けて がんナビ 日経BP, 2010.10.12

25.  「がん対策基本法」施行3年半を総括する―第2次がん対策推進基本計画に向けて.医療白書2010.日本医療企画.第2編第1pp 36-472010.11.02

26. 埴岡 健一、内田 亮 あなたの街からもがん対策を始めようがんナビ日経BP, 2010.12.14

27.  埴岡 健一、湯澤 敦子 グレイス 2010年のがん対策報道を振り返るがんナビ日経BP, 2011.02.14

28. 埴岡 健一、沢口 絵美子患者の立場で国際学会に参加してみようがんナビ日経BP, 2011.03.01

29. 埴岡 健一、山口 綾香. がん患者・家族の痛みを和らげる策を探る.がんナビ.日経BP社,2011.05.24

30. 埴岡 健一.いまこそ医療基本法を(上)~医療危機を回避して改革を進めるための“切り札”~.内の目・外の目(122 日本医科医師会雑誌.2012.09.10

31. 埴岡 健一、岩井 万喜. 患者の声が医薬品開発や予算を動かす米国(前編)がんナビ. 日経BP社,2011.09.20

32. 埴岡 健一、岩井 万喜. 患者の声が医薬品開発や予算を動かす米国(後編) がんナビ. 日経BP社,2011.09.21

33. 埴岡 健一、内田 亮. 今、がん対策で起こっている“変革”がんナビ.日経BP社,2011.10.04

34. いまこそ医療基本法を(下)~医療危機を回避して改革を進めるための“切り札”~.内の目・外の目(123 日本医科医師会雑誌.2012.10.10

35. 2012年「第2次がん対策推進計画」スタート――がん対策目標達成への具体的方策はあるのか.医療白書2012年版.日本医療企画.pp.252-2652012.11.10

36.  日本のがん対策:第一期がん対策推進基本計画期間(20072011年度)の総括と第二期期間(20122016年度)への展望.保険医療科学.Vol.61No.6pp.524-5422012

37. わが国のがん対策の評価―新たな政策立案に向けて―“評価1.0”から“評価2.0”への道のり.公衆衛生.Vol.77No.12pp.6-132013.12.15

38. 医療計画は“本物”になるか―地域医療計画ガイドライン作成プロジェクトから見えたこと.医療白書2015-2016年版.日本医療企画.pp.18-33,2015.8.18

39. がん死亡率 全国2次医療圏別全リスト.「がん死亡」衝撃の地域格差.中央公論2016年6月号.pp.26-57,2016.5.10

40. 科学はどこにあるのか?.特集:科学論の挑戦.アステイオン85.サントリー文化財団.2016.11.16

41. 脳卒中死亡率 全国2次医療圏別全リスト.脳卒中死亡 衝撃の地域格差.中央公論2017年2月号.pp.98-119,2017.2.10

42. 埴岡健一/高嶺公子.次期の医療計画は本物になるか~「ロジックモデル」と評価指標の普及が焦点~.医療白書2017-2018年版.日本医療企画.2017.8.21

ABOUT

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP